ベークラの挑戦

ベークラの挑戦

ユティック陸上部で「挑戦」をテーマに日々の生活を更新します

スポーツ選手にとって7時間の睡眠時間では足りない理由

f:id:kurabeyuya:20181210141217p:plain

部活やクラブでスポーツをしていて

最近、成績が伸びなかったり、

怪我をよくしてしまったりしてませんか?

 

その原因は寝不足かもしれません

 

でも、よく中高生のスポーツ選手に

睡眠時間について聞くと

「よく寝れてます」

「昨日7時間たっぷり寝れました」

「毎日だいたい6時間〜7時間くらい寝てます」

という話を聞きます

 

いや、全然睡眠時間足りてないから!!

 

中高生に限ったことではなく、

今、日本全体で睡眠不足が問題になっています

 

世界の平均睡眠時間を見ると

OECD(経済協力開発機構)加盟28カ国のうち

日本は7時間22分で28位!!

ダントツのビリです!!

 

ちなみにスポーツ大国で有名な

アメリカは8時間45分

中国は9時間2分

です

 

いやいや、寝たら強くなるの?

それより早く起きて練習しなきゃじゃない?

という声が聞こえてきそうです

 

ここからはあなたが強くなるための

睡眠時間を教えていきます!

あなたは何時間寝てる?編

f:id:kurabeyuya:20181210200204p:plain

よくインターネットの記事や授業では

7時間〜8時間寝ればいいと言ってませんか?

 

実はあなたの年齢によって

推奨される睡眠時間は違います

 

もしあなたが中高生なら

8時間〜10時間が適正です

7時間というのは適切ではないのです

 

もしあなたが大学生・社会人の方なら

7時間〜9時間が適正です

 

なので「10時間寝てしまった〜!!

もったいない、なんか損な気分」ではないのです

 

むしろ適切です

 

なので、年齢によって推奨される睡眠時間は違うし、

みんな7時間がおすすめなんてことないです

寝不足だと怪我する確率が4倍!?編

これらの研究を見ても、アスリートはいっぱい寝たほうがいいことは明らか。
(できれば8〜10時間)

①睡眠不足の選手は怪我をしやすくなる?
②睡眠時間を増やすとパフォーマンスは向上する? pic.twitter.com/czddj0eI7J

— 佐々部孝紀 Kouki Sasabe (@tyr7bbb) 2018年10月10日

上の記事は中高生アスリートを

対象にした研究です

 

画像のグラフを見ると

睡眠時間が5時間・6時間・7時間の群は

圧倒的に怪我発生率が高いことがわかります

 

画像内にもありますが

睡眠時間が6時間の選手は9時間の選手に比べて

怪我の発生件数が4倍!!

 

怪我が多くて悩んでいる選手は

最近寝れていますか?

もしかして、睡眠時間6時間以下ではないですか?

 

もし睡眠時間が6時間以下ならば

睡眠時間を9時間にしたら

怪我が減るかもしれません!!

いっぱい寝たら強くなれる!?編

f:id:kurabeyuya:20181210202500p:plain

これは大学男子バスケットボール選手を

対象にした介入実験です

 

対象の介入前の睡眠時間を見ると

平均睡眠時間は7時間50分です

(日本人平均7時間22分より寝ていますね)

 

介入後は5〜7週間は最低10時間

ベッドの中で過ごしました

 

10時間も時間が取れない場合は

昼寝もOKとしました

(おそらくここも大事)

 

介入後のパフォーマンスを見ると

すべて良い方向に変化しています

 

特にスプリントタイムが上がっていることには

驚きました(たくさん寝たら足が速くなった!)

 

じゃあ、大会前の日だけたくさん寝たら大丈夫・・・

そんな甘くない!!!

 

画像左下のスプリントタイムの変化を見ると

10時間睡眠を日常的に進めていき、

徐々に速くなっていった様子が見れます

 

ここで分かることは

パフォーマンス向上は

10時間睡眠1回ではしない可能性がある

ということ

 

ここで極論をいうと

たくさん寝れば強くなれる!!

今日から10時間寝よう!!