ベークラの挑戦

ベークラの挑戦

ユティック陸上部で「挑戦」をテーマに日々の生活を更新します

スポーツにおいて理想的な精神状態とは?

f:id:kurabeyuya:20190112002124p:plain

みなさんは試合やレース前に

緊張したり、不安になったりしますか?

 

私はとても緊張しやすい性格なので

どんな小さい大会でも緊張しています

 

しかし、たまに緊張しない瞬間があり、

その大会やレースは良い成績で終わることが多いです

 

そこで

「スポーツ選手にとって理想の精神状態を知っていたら

そこに近づける練習もできるのでは?」

と考えるようになりました

 

この記事ではスポーツ選手にとって

理想の精神状態を紹介していきます

 理想的な精神状態とは

試合や練習での理想の精神状態とは

  • 何も怖くない
  • パフォーマンスについて考えたり、分析したりしない
  • 活動自体に集中し、注意集中の範囲が狭い
  • 努力しているという感覚がない
  • 自分自体をコントロールしていると言う感覚
  • 時間と空間について普段と異なる感覚

です

これだけ見ると一つ一つには

身に覚えがあるものが多いですね

何も怖くない

これは試合だけではなく、練習中も言えることですね

 

私に当てはめると200mのレース前に

・乳酸がたまりそう

・ラスト50mで足が止まりそう

・めっちゃ疲れそう

と考えてしまい、「200m」という距離が怖くなる時があります

 

しかし、200mのレース前に

100mと同じ感覚でレースに臨めると

良い記録がでる傾向があります

パフォーマンスについて考えたり、分析したりしない

これはレースの時、走っている最中に

・もっと足をあげよう

・腕振りを変えよう

・視線はここを見よう

など考えることなく、

これからの自分の動きを疑わないと言う感覚です

 

確かにこんなこと考えてたら、集中できたいないのかも

しれませんね

活動自体に集中し、注意集中の範囲が狭い

これはわかりやすく、一番身に覚えがありますね

 

注意集中の範囲が狭いと言うのは周りが見えなくなる

と言うタイプの人もいると思います

私はこのタイプでよく怒られていました

 

ある意味、周りの理解が一番必要なことですね

努力をしている感覚がない

私の解釈は

試合と練習で少し違います

 

試合では

「良い記録が出たレースほど疲れない」

という感覚で一生懸命やっている!!

というのがないです

 

練習では

「努力は夢中に勝てない」

自分自体をコントロールしていると言う感覚

これは逆のことがよくあり、

緊張しすぎて自分の体が浮いている感覚や

動かせない感覚がある時があります

 

そうでなく、完全に自分の体を動かしている

状態を続けることです

 

また、アップや休憩中の行動も冷静に

いつも通りに振る舞えるかも重要です

時間と空間について普段と異なる感覚

これもよく聞くもので

時間の流れが遅くなる感覚や

会場が狭くなる感覚があります

 

私の場合はよく

100mや200mのゴールが近く感じます

 

この感覚が出るとほとんどベストに近い記録がでますね

最後に

この状態を知ることで

日頃の練習から意識できて、

練習効率がよくなったり

やるべきことがはっきりすると思います

 

メンタル的な部分は

自分自身でコントロールできたら

スポーツ選手としても、人間としても

とても強みになると思うので

挑戦していきましょう