ベークラの挑戦

ベークラの挑戦

ユティック陸上部で「挑戦」をテーマに日々の生活を更新します

スポーツ選手にも「お酢」が効く?試してみたいお酢の効果

f:id:kurabeyuya:20190312232617p:plain

こんにちは、ベークラです。

 

みなさん、お酢って飲みますか?

「そもそもお酢って飲むものなの?」と考える人もいると思います。

 

最近のお酢は美味しいんです!

薬局にいけば、ブルーベーリー酢やリンゴ酢、ザクロ酢があり、どれも美味しいです。

 

私はいつもお酢を炭酸水で割って飲んでいますが、これが本当に最高!!

 

でも、お酢って健康に良いって聞くけど、スポーツ選手には効くの?

この記事ではお酢の効果を確認しつつ、スポーツと「お酢」の関係を書いていきます。

お酢のデメリット

お酢のデメリットはお酢に含まれる酢酸によって歯や胃を痛める可能性があること

お酢の飲み方や量を間違えてしまうとスポーツのパフォーマンス向上どころか健康を損ねます。

 

胃や歯を痛めないためには

お酢を原液で飲まないこと!!

お酢を摂取する際は水や炭酸水で割ったり、料理に使ったりして取るようにしてください。

お酢は内臓脂肪に効く

私も困っている内臓脂肪・・・

内臓脂肪を落とすことってなかなか難しいんですよね。

 

ですが内臓脂肪にはお酢が効く!!

お酢を毎日約15ml摂取することで内臓脂肪が減少することが科学的に証明されました。

 

お酢の中にある酢酸は体に脂肪がつくのを防いでくれ、クエン酸は体の中にある脂肪をエネルギーとして変えてくれます。

また、運動をする30分前にお酢を飲んで運動を始めると脂肪年少の効率が上がるとされ、内臓脂肪の他にも腹囲、体重も減少させることが証明されています。

お酢は疲労回復に効く

お酢に入っているクエン酸は体でエネルギーを作り出す際に重要な栄養素です。

クエン酸が不足しているとエネルギーを効率良く作れないということになり、疲労回復に必要なエネルギーが体に行き渡らなくなります。

 

また、クエン酸は乳酸の代謝を促し、筋肉内の乳酸濃度を下げます。

乳酸が筋肉内に溜ると筋肉は酸性に傾き、強い疲労感を感じ、パフォーマンスは低下しますが、クエン酸が助けてくれるのです。

 

さらに、お酢はグリコーゲン合成を促さすとされています。

これは筋肉の中にエネルギーを送り込むというもので、疲労感の軽減に役立っています。

お酢は食欲増進に効く

夏になり暑くなると食欲がなくなることってありますよね。

スポーツをしている人ならご飯が食べられなくなるというのはパフォーマンス低下に直結するほどの大問題です。

 

しかし、お酢を摂取することで胃酸や口の中の唾液の分泌を促進させ、食欲を増進させます。

 

オススメのお酢は果実発酵酢

果実発酵酢とはりんごや桃、パイナップルなどを使ったお酢で非常に飲みやすいお酢です。

 

私は現在ザクロ酢を飲んでいます。

オススメする飲み方は炭酸水割りです。

 

しかし、人によっては炭酸が苦手という人もいると思います。

そんな方には桃酢の牛乳割りがオススメです!!

ヨーグルトにかけても美味しい!

 

 最後に

お酢は

・内臓脂肪を減らす

・疲労回復を助ける

・食欲を増進させる(夏バテ解消)

という効果があります。

 

この効果を無理せずに得るためには自分にあった味のお酢を自分の好きな方法で飲むといいです。

楽しみながら続けることができます。 

 

みなさんもお酢を活用してスポーツのパフォーマンスをあげましょう!